壁は高くしない方がよい理由

ウッドデッキ

昔の日本の住宅は、一戸建て住宅ならば高い確率でその家を囲むブロック塀がありました。現在でも、築30年以上経過している住宅の多くは、ブロック塀に囲まれています。このような住宅は最近の新築住宅ではあまり見受けられません。もし、これから外構デザインを考える場合にはブロック塀などはあまり避けた方がよいかもしれません。なぜかといえば、ブロックを高く積み上げることにより、それだけブラインドの部分ができてしまい泥棒などに入られた場合にも周りの人も気がつかないからです。それよりも、オープンにしておいた方が、泥棒が入りにくくなるといったメリットもあるでしょう。実際に、泥棒に狙われる家は人目に付かないようなブラインドのある家が多くなります。

業者をよく比較すること

一軒家

外構デザインを考えるにあたり、いくつかの業者を見ながら選んだほうがよいです。各業者とも、それぞれデザインにこだわりを持っている傾向があります。例えば、和風住宅に力を入れている業者は、和風住宅のデザインに対しては特別な思いで仕事をしているでしょう。そのような業者に対して、洋風住宅のデザインをしてほしいといっても引き受けてくれないこともあります。仮に、引き受けてくれたとしても満足度の高いデザインは難しいかもしれません。また、業者によって費用が微妙に異なります。こだわりのある素材を使っているところは、費用が高くなりがちですが果たしてどこまで自分たちが外構の見た目にこだわるかも重要になってくるところでしょう。じっくりと比較をしておくことが重要です。

比較をするときに時間をかけた方がよい理由

ウッドデッキ

もともと、外構デザインに興味がありその道に精通している人ならば別ですが、その道に精通しておらず、知識があまりない場合にはよく勉強してから業者選びをした方がよいです。これは、ありがちなパターンになりますが、頭から考えればもっと別のデザインが良かったと後悔するようなことがあるからです。それだけではなく、金銭的な問題も重要になってきます。知らないうちは、業者が出した見積金額をみて、それが相場だと納得するかもしれません。ですが、後になってよく調べてみると、実はもう少し安くリフォームすることができたのではないかと感じてしまうことがあります。\10000程度ならば特にそこまで気にすることはないかもしれません。ですが、それ以上に違いが出てくるとすれば、じっくりと時間をかけて検討したほうがお得だったことがわかります。少なくとも、半年から1年ぐらいは勉強してそのあとに外構デザインを依頼しましょう。

広告募集中