HOME>注目記事>家の断熱性や気密性を高めることが出来ます
塗装作業

外壁の塗料には豊富な種類があります

住宅の中でも、外壁は家の外観を美しくみせたり、気密性や断熱性などを高める効果があります。外壁は風雨や紫外線の影響を受けやすいため、年数が経過すると汚れやひび割れなどが目立ってきます。お手入れをせずに放置をすると、住宅の外観がみすぼらしい印象になってしまいます。使用している塗料によっても多少は違いますが、8年から10年を経過すると外壁塗装のリフォームが必要です。外壁の種類にはモルタルや、サイディングなどのボードタイプなどがあります。ひび割れやチョーキングなどが気になったら、早めに専門業者のスタッフに相談して下さい。希望の日時に自宅に訪問をして、スタッフが現地調査を実施しています。住んでいる地域の日照時間や降水量、住宅の形状に合わせた塗料を提案してくれます。事前に大体の予算を決めておくと、希望に合った商品を選ぶことが出来ます。

降水量の多い時期は避けたい

外壁の色は、家の印象をがらりと変える効果があるので、時間を掛けて選ぶ必要があります。アイボリーやグレー、ベージュ、ホワイトなどの落ち着いた色が人気があります。専門業者のスタッフがサンプルを持参してくれるので、時間を掛けて選んで下さい。外壁塗装工事を行う時は、なるべく降水量の少ない時期がお勧めです。梅雨の時期や真夏などは避けたほうが良いでしょう。専門業者を選ぶ時は、地元で評判が高く、高い技術を持った職人が在籍をしているお店がお勧めです。インターネットを利用すると、複数の専門業者の口コミ情報を確認することが出来ます。外壁塗装のリフォームは、決して安いものではないので、優良な専門業者を選ぶことが大事です。お値段が高めでも、防水性や耐久性に優れた塗料を使用することで、きれいな状態が維持できます。

広告募集中